ユーレイルパス

Tel:058-389-6722受付:9:00〜17:00 休業日:土日祝

あなたの旅行に最適なパスを選ぶ手順

乗車区間の少ない方はパスを選ぶ前に、区間乗車券の購入も検討してみましょう>>>>>区間乗車券・列車予約

 複雑に見えるパスの種類ですが、このサイトを一読していただければ、自分に最適なパスを選ぶのは簡単です。まずは、あなたに とって最も使いやすい鉄道パスの種類を決定するためいに、@パスの通用範囲、A有効期間、B年齢とC等級 、D同行者の有無の5つの要素で 下記の手順で、パスの種類を絞り込んでいきます。

 

 @パスの通用範囲(地理的)

  ユーレイル加盟28ヵ国とは、オーストリア、ベルギー、クロアチア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウエー、ポルトガル、アイルランド、 ポーランド、ルーマニア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、セルビア、モンテネグロ、ブルガリア 、チェコ、スロバキア、トルコの28ヵ国です。

  ユーレイルパスでは、オランダ・ベルギーとルクセンブルグ(ベネルクス3国)、フランスとモナコ、オーストリアとリヒテンシュタイン、クロアチアとスロヴェニアは、それぞれ1ヶ国として扱います。
  また、例外としてフランスに有効のパスでスイスのジュネーブ、ドイツに有効のパスでオーストリアのザルツブルグとスイスのバーゼル、スイスに有効のパスでイタリアのティラノに もそれぞれ行けます。
  ユーレイル加盟国のうち、それぞれのパスの通用国は、パスごとに若干異なります。詳細はそれぞれのパスの詳細サイトにてご確認下さい。


あなたの旅行する国々

最適なパスの種類

ユーレイル加盟国6ヶ国以上 ユーレイルグローバルパス
バルカン半島7ヶ国 バルカンフレキシーパス
東欧4ヶ国 ヨーロピアンイーストパス
ユーレイル加盟国の任意の2〜4ヶ国 ユーレイルセレクトパス3・4ヶ国
ユーレイルセレクトパス2ヶ国
北欧4ヶ国 ユーレイルスカンジナビアパス
1ヶ国 ユーレイルナショナルパス・各国パス

 

 Aパスの有効期間

 選択できる有効期間の長さはパスの種類によって異なりますが、日数の数え方は、連続使用とフレキシーの2種類しかありません。連続使用とは使い始めの日から使い終わりの日まで、有効期間内の毎日乗車できるパスです。一方、フレキシーとは一定の有効期間内の任意の利用日を自分で選んで利用するパスで、利用日(列車乗車日)の合計でパスの種類が決まります。自由旅行では、大都市滞在など、連泊するケースも多いので、フレキシータイプを有効に活用することで、鉄道運賃を安く上げることが出来ます。 また、フレキシーパスでは、19:00以降に出発して目的地に直行する夜行列車は、翌日(フェリーの場合は当日、翌日どちらでも可。)1日が利用日になるため、使用日数を節約できます。

 BC年齢と等級

 ユーロッパの列車には、一等と二等があります。一等は日本でいえば、グリーン車で、座席がゆったりしていて、車内サービスも優待されます。しかし、ヨーロッパの人々は日本人より平均的体格が大きいので、2等車でも、日本人が乗るとそんなに窮屈な感じはしません。ただし、二等車は混んでいるという欠点もあります。予約無しで乗って、眺めのいい窓側の席に座れる確率は一等車の方が高いといえます。二等車しか連結されてない列車もありますが、一等のパスは二等車も利用できますので、一等のパスは、高価な分だけ、メリットも多いといえます。グローバルパスとセレクトパスの2等パスはユース(12〜27才)の方でないと使用できません。 セレクト2カ国は選んだ国によって、一等ユースや二等大人のパスがあります。また国別パスの中にはシニア(60才以上)の方の割引パスを利用できる国もあります。

 Dセーバーパス

  セーバーパスは、2名以上のグループで同一行程を旅行するする場合に、割引になるパスです。グローバルパスやセレクトパス3〜4ヶ国では1等のみですが、 セレクト2カ国および国別パスでは2等のセーバーパスを利用できます。パスは2〜3名に1枚発行されます。グループで同一行程をすることが前提ですが、パスを持ったグループが列車に乗車し、パスを持たない人は、パスで列車を利用しない限り別行動をとることも可能です。セーバーパスは5名まで1枚のパスで購入することができますが、何かの都合で、旅行に行けない人が出たり、現地で別行動をとらなければならなくなった場合のことや、盗難、紛失のリスク分散などを考慮すると、代金は同じですから、2〜3名2枚に分けて購入する方がお得です。ブリットレイルパスのセーバーは3名以上、ジャーマンレイルパスはツインパスとなり、3名の場合は、ツインパス1枚と大人1枚購入。スイスパスは、旅ステーションならツイン割引があります。

 

ヨーロッパ周遊旅行ならユーレイルパスは断然お得

鉄道運賃が、格安航空会社やバス、現地の割引鉄道運賃などと比べて高いことをさして、「ユーレイルパスは安くない」などと書いているサイトをみかけますが、一度ユーレイルパスを使って旅行したことがある人なら、そんな比較はナンセンスであることがわかります。そもそもバスや飛行機と列車では、快適さがぜんぜんちがいます。飛行機は早いですが、市内から空港へ行き、また、空港から市内へもどってくる時間や手間を考えれば、市の中心の駅から出発し、ヨーロッパの美しい車窓の風景を楽しみながらゆったりとした席にすわって、目的地の中心部まで移動できる列車とは比較になりませんし、格安の列車チケットは、何週間も前から予約が必要だったり、窓口て手間隙かけて購入せざるを得ず、直前でも予定を変更できるユーレイルパスの利便性にかなうものではありません。 また格安列車チケットは便が決まっていて、自分の行動予定とぴったり合うとは限りません。ユーレイルパスでも下記のように予約の必要な列車もありますが、現地 の駅で必要なところを一括して予約するか、多少高いが日本で予約していくこともできます。満席だったら予定を変えれるのもユーレイルパスのいいところで 、予定外の出費はありません。また、乗り間違えたりってこともあるかもしれません。そんなときもユーレイルパスならあわてる必要はありません。予定を変更したり、戻っても、追加料金はかかりません。

●予約の必要な列車一覧と現地での追加料金(ユーレイルオフィシャルサイト)

  各国国鉄(主要鉄道会社)のネット時刻表などでは、高速専用線をつかった全席指定の列車しか表示されないこともありますが、「via欄」にめぼしい経由地を入れて検索しなおすと、全席予約でない列車が以外にたくさん走っているのがわかります。

 

さらに節約したいなら

自分にとって、最も使いやすいパスが分かったら、次に、旅行費用を節約するために、他のパスの組み合わせで安いパスがないか比較検討してみます。例えばオーストリア・(スロヴェニア・クロアチア)・ハンガリー・ルーマニアの5ヵ国を、1等2人で旅行期間1ヶ月、列車利用日は10日間の場合、上記@ABCDと検討すると、「セレクト4ヶ国1等セーバー10日/2ヵ月」が77,900円(弊社2008年8月料金、以下同様)が最適パスとなりますが、リージョナルパスの「オーストリア・スロヴェニア/クロアチアパス1等セーバー5日/2ヶ月」と「ハンガリー/ルーマニアパス1等セーバー5日/2ヵ月」の合計は61,250円となり、16,650円も安くなります。特に東欧諸国は、西欧諸国より列車代金が安いので、あなたの計画に、東欧の訪問国がある場合、この比較をしてみる必要があります。

 短い距離しか乗らない部分の料金を、 弊社列車予約ページや現地の国鉄サイトなどで調べて、日数の少ないパスで、パス代金を節約できないか検討する必要があります。ただ、この場合は、駅の窓口にいちいち並ぶ必要がないというパスのメリットの1つは失われますが。

 さらに、行程の中にスイスが入っている場合は、スイスパスとユーレイルパスの相違点を検討し、パスを決めた方がお得です。スイスパスでは、ユーレイルパスでは含まれない、氷河特急のディセンティス〜ツェルマット間(座席指定料は別途必要)やベルナーオーバーランド鉄道のインターラーケン〜グリンデルワルト間を初め、ポストバスや市内交通機関も使用できます。

鉄道乗車券

所要日数

パスのお申し込みから受取までは、3〜6日です。出発日まで、5日以内の方は、決済前にご連絡下さい。列車予約のある方はさらに1日余分に必要です。

■旅de九条の会掲示板

九カ国語、日本国憲法第九条 クリアファイル誕生 New!

海外自由旅行予約の達人

海外自由旅行ガイド

スマートフォンアプリ

スマートフォン用アプリダウンロード


↑ PAGE TOP